檸檬丘陵

ひとかけらの勇気をもって...

筒井康隆の本

私の中で、筒井康隆の作品が大ヒットしている。

「旅のラゴス」を読んで以来、すっかり気に入ってしまって、「残像に口紅を」、「パプリカ」、「笑うな」、「家族八景」と次々に購入した。

1人の作家の作品をどんどん買うなんてことは今までなかったので、自分でも驚いている。

本は好きで、図書館で借りたり本屋で購入したりしていたが、なかなか自分と合う作家が見つからずさみしいなーって思っていた。

そんな気持ちを数年持っていたが、ようやく巡り合えました。

テンポよく進むし、次どうなるのかすごく気になって、「パプリカ」はずーっと読んでしまった。先ほど読了した。

明日からは、「笑うな」と「家族八景」のどちらかを読み始める予定。

 

ブクログにも感想書かなきゃ~( ´∀` )笑